『砂糖なし育児』と異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)

kawaratoonnnanoko

まずやめるべきは異性化糖

砂糖なし育児を実践するなら、まずは異性化糖からやめるといいでしょう。

異性化糖とは、果糖ブドウ糖液糖などと表記されている、人工的に作られた糖のこと。

いろいろある甘味料のうち『異性化糖』は最も強い害があると言ってもよさそうです。

もちろん甘味料全般、甘いもの全般を与えないことが理想ですが、

現実に「完ぺき」は無理なことがありますね。

それでもまず意識する要点として、

果糖ブドウ糖液糖などの異性化糖をやめることをお勧めしています。

異性化糖とは

異性化糖とはトウモロコシなどのデンプンを原材料にして、

人工的に作り出した液糖のこと。

成分表示には「果糖ブドウ糖液糖」などと表示されていますが、

現在、清涼飲料水をはじめ非常に多くの食品に使用されています。

砂糖は正確には「ショ糖」という糖で、ブドウ糖と果糖が結合したもの。

これは「二糖類」呼ばれ、体内の酵素で分解されてから吸収されます。

しかし異性化糖は、ブドウ糖と果糖という「単糖」の状態になっています。

単糖とは、これ以上分解されない糖のことですが、

腸の粘膜から吸収され、そのまま血液に入ります。

砂糖(ショ糖)も比較的素早く吸収される糖ですが、

それでも酵素での分解という「消化プロセス」を必要とします。

しかし異性化糖は消化する必要のない「単糖」の状態なので、

砂糖よりもさらに素早く体内に吸収されてしまうのです。

その分血糖値を急上昇させ、糖化を促進させ、依存性も高まります。

また、虫歯の原因としても砂糖より強力なんです。

このように厄介な異性化糖、『砂糖なし育児』を実践するなら、

まず避けるべき糖だと言えるでしょう。

異性化糖が含まれる食品

異性化糖はソフトドリンクや菓子類、加工食品に幅広く使われていますが、

具体的にどのような食品に入っているでしょうか?

まず、甘い味の清涼飲料水にはほとんど含まれています。

低温で甘味が増すという性質があるため、

清涼飲料水の中でもコールドドリンクに多用されています。

コーラや甘い炭酸飲料、野菜ジュース、缶コーヒー、栄養ドリンクなど、

ほとんどのドリンクに使われているでしょう。

もちろんアイスクリームや氷菓子、

プリンやゼリーなどの冷菓子類にも使われています。

そのほか原材料が安いので、缶詰やレトルト食品、

パン、クッキーなどの小麦菓子類、スナック菓子類に多く使われています。

ケチャップ、マヨネーズ、ソース類、ドレッシング類、

めんつゆ、みりん風調味料など、調味料関係にも使用されていますね。

ちなみに、アイスコーヒーなどに入れるガムシロップは異性化糖そのものです。

工業的に量産されている加工食費や調味料を使うなら、

残念ながら異性化糖を避けることができないのが現実なんです。

害の大きいものからやめる

子供の健康を考え、

砂糖をやめたり食事をきちんとしていこうとするなら、

素材を自分で調理して食べる

安価な加工食品や調味料を使わない

市販の菓子類やソフトドリンクは飲まない

これくらいの努力はどうしても必要です。

「砂糖なし育児」の基本コンセプトは、

子供に砂糖や甘いもの、甘味料全般を与えないこと。

子供を砂糖漬け、甘味依存にせずに育てることにあります。

しかし子供たちが生きている社会の現状を考えると、

完璧に「砂糖なし」を行うことは無理かもしれません。

ですから実践的には、まず害の大きいものからやめる。

極力摂らないようにする。

その手始めとして、果糖ブドウ糖液糖などの異性化糖を意識するといいでしょう。

 

砂糖なし育児の絵本ができました!

依存性が高く健康を害する砂糖や異性化糖などの甘味料、、

特に子供には「はじめから与えないこと」が大切だと思います。

でも、実際に『砂糖なし』で育児をしようとすればいろいろな問題に直面するようです。

大切だけどなかなか難しい『砂糖なし育児』をサポートする目的で絵本を作りました。

内容はリンク先の妻のブログで公開していますので、ご覧いただけると嬉しいです。