五十肩の鍼灸治療と食事

gojyuukata

五十肩の鍼灸治療

四十肩、五十肩などと呼ばれる症状があります。

肩関節が急に痛くなり、腕が挙がらなくなってしまう症状です。

中年以降の女性に多く、大したきっかけもないのに急に痛くなり、なかなか治りません。

五十肩(四十肩)というのは俗称で、正確には「肩関節周囲炎」と言います。

字のごとく、肩関節の周囲に炎症が起きた状態です。

40~50歳の人がちょっとしたきっかけで発症、症状が長引き、しかも女性に多い。

これには理由があります。

これは日々確認しているのですが、五十肩を発症している人の多くは筋肉が弱り、細くなっています。

しかも、もともと慢性的な肩こりがある。

女性は筋肉が落ちやすく、中年以降急速に筋肉が細くなってしまう人が少なくありません。

日頃から肩こりがあり、凝り固まった筋肉が年齢とともに細く衰えていく。

すると本来弾力のある筋繊維が柔軟性を失い、細くて弾力のない、硬い繊維状の組織に変質してしまうんです。

筋肉は本来、弾力に富むもの。

弾力があるからこそ、様々な動き、急な運動による衝撃にも耐えることができます。

しかし凝り固まった筋肉が痩せ衰え、弱くなると、痛めやすい状態になります。

本当にちょっとしたきっかけ、くしゃみとか、振り向いたとか、そんなことで発症してしまう。

時限爆弾を抱えてるようなものかもしれません。

しかも、このような状態の筋肉は一度傷めると回復に時間がかかります。

初期は安静がいちばん

肩関節は非常に可動域の広い関節です。

複数の小さな筋肉共同して働き、他の動物ではできないような、広範囲な肩の動きを可能にしています。

肩の筋肉の一つ一つは、あまり大きくはありません。

小さい筋肉が高度な共同作業を行っていますが、もし一か所を傷めると、共同作業をしているチーム全体を「固めて」守ろうとします。

だから、症状は痛めた部分以外にも波及することが多い。

これは痛めた筋肉などの組織に、それ以上ダメージを与えないための正常な反応ですね。

だから、初期の対応は安静が一番。

動かさないでほしいから、痛いのです。

この時期に下手なマッサージや整体などを受けると悪化することもあります。(だって怪我してるんだから)

肩関節周囲炎と呼ばれていますが、通常、炎症が起こるのは初めのうちだけ。

遅かれ早かれ炎症は鎮まり、痛めた組織は回復してきます。

炎症が鎮まるまでの時間は個人差が大きいですが、どうも栄養状態が良い方が回復が早いようです。

しかし五十肩の多くは、初期の炎症が治まった後も痛みが続いてなかなか治りません。

適切なケアをせずに放置すると、自由に肩を動かせる状態に戻るまで1年以上かかることもある。

(治った後もよく調べると、動きに制限があることが多い)

どうやら、一時的な防御反応が固定化し、いつまでたっても強ばったままになってしまうようです。

もともと凝り固まって痩せ細った肩回りの組織を痛めてしまったからだと思われます。

長年かけて筋肉の状態を悪くしたうえで痛めた。

だから、ちょっとしたことで発症し、なかなか治らない。

でも、僕の鍼灸院では五十肩の治療が長引いたことはまだありません。

わりと短期間で良くなってしまいます。(1回~10回くらいの施術回数・1~2か月の期間)

やってることはごくシンプルに、肩回りの異常な筋肉を見つけて緩めているだけ。(ただし左右のバランスとか、体全体のバランスも考慮しています)

動かなくなった筋肉を動けるように解放してやると、、自然と正常化するんです。

でも、これは、発症後時間がたった五十肩の話であって、炎症の激しい初期は違います。

炎症が起きているときは、少し炎症の勢いを逃がすような施術をして、しばらく様子見。

炎症が自然治癒してきたら、あとに残ったこわばりを緩めていくような感じです。

今のところこれでほぼ全員、上手く行っています。

五十肩と栄養状態

説明したように、五十肩の原因の一つは筋肉が痩せ衰えてしまうこと。

慢性的に凝り固まった筋肉が細く衰えていくと、痛めやすく、治りにくい状態になってしまうようです。

では、予防のためにはどうしたらよいでしょうか?

筋肉の基本的な材料はタンパク質ですから、良質なタンパク質摂取が重要なのは間違いないと思います。

筋肉だけじゃなく、筋膜や関節胞、軟骨などの健康状態も重要ですが、これらの組織はコラーゲン繊維でできている。

つまりタンパク質です。

ちなみに、ゼラチンはコラーゲンから抽出する物質なので、ゼラチン質を食べるのも有効だと思う。

ゼラチンの効用

栄養素としては他に、鉄、亜鉛、マグネシウムなど代謝に重要なミネラル、ビタミンBやCなど各種ビタミン類も筋肉関節などの組織を強くし、凝りを溜めないために重要な働きをしています。

ちなみにマグネシウムが不足すると筋肉が硬直しやすくなるようです。

緊張型の頭痛やこむら返りにマグネシウムを使うと改善することがあります。

また、糖質を摂りすぎると、特に首肩の凝りを生じやすいようですね。

これは自律神経の問題のほか代謝が滞るからだと思いますが、臨床の体感として間違いなくそう。

さらに糖質過剰では、炎症が治りにくくなるようです。

低糖質・高タンパク・高脂質の食生活を実践していると基礎代謝が高まり、筋肉に疲労を溜めにくくなると感じていますが、これはおそらく五十肩の予防にもなるでしょう。

でも、鍼灸を教わった達人レベルの先生によれば「本当の五十肩」はそんなに簡単に治らないんだとか。

僕はまだ、重症の人に出会ったことがないのかもしれません。