東洋医学の気 血 水

2fcfdaeec3549ea874272d7b09193687_s

気 血 水

東洋医学の基本的な概念に、気 血 水(き、けつ、すい)というのがあります。

気 血 水は、人体を構成し、全身をめぐる3つの要素です。

これらが過不足なく、滞りなく、全身をめぐっているのが健康な状態。

過不足や滞りが生じると、病の原因になります。

それぞれ、簡単に説明してみます。

気とは

気は、エネルギーであり、機能でもあります。

生命にとっての活動エネルギーのような意味合いと同時に、

内臓や神経の「働き」をも意味しています。

気には、たとえば次のような働きがあります。

気の働き

身体を温める

血液や体液などの動きを促す

腸や内臓などの働きを促す

外界から身体を守る

代謝を行う

意識を正常に保つ

このような働きと、働きを支えるエネルギーを「気」と表現しています。

気が不足している状態を「気虚」(ききょ)と呼びますが、

気虚になると、次のような症状が出ます。

気虚の症状

元気が出ない

体が冷える

風邪をひきやすくなる

胃腸の機能が落ちる

体力がない

大きな声が出ない

気が不足するとこのように、心身の機能が全般に低下してきます。

血とは

血(けつ)は全身を栄養している物質です。

血液や、血液に含まれる栄養成分を指していますが、

気と同じように少し幅広い「機能」や「働き」の意味合いも含んでいます。

血の役割は、主に次のようなもの。

血の役割

全身を栄養して潤す

気と一緒に全身をめぐり、

身体を栄養し、精神活動を支える

髪の毛や皮膚、爪の材料になる

目や神経の働きを支える

例えば、目を酷使すると「血」を消耗します。

それで産後に目を使うな、、なんて言われているのですね。

この血が不足した状態を「血虚」(けっきょ)と呼びますが、

血虚になると、次のような症状が現れてきます。

血虚の症状

顔色が悪い

めまいや立ちくらみ

抜け毛枝毛

目の疲れやかすみ

肌荒れや皮膚の乾燥

爪がもろくなり、割れる

頭皮が乾燥し、フケが出る

栄養不足から、このように様々な症状が現れてきます。

これは、今でいうところの貧血と同じような状態ですね。

水とは

水(すい)は津液(しんえき)とも呼ばれ、血液以外の体液のこと。

人体を潤す体液や分泌液全般を意味していますが、

血液の血漿成分(液体成分)も水(=津液)です。

水は、例えばこのようなもの。

身体の中の水(=津液)

血液の血漿成分

細胞内液(細胞内の水分)

リンパ液

脳脊髄液

胃液や唾液などの消化液

涙や鼻水

また、粘膜を潤す「粘液」も水の一部ですね。

水が不足すると身体は全般に乾いてきます。

これを「陰虚」と呼びますが、

老化するとだんだん乾いて枯れてくる変化は、わかりやすい陰虚の例です。

(これを腎虚ともいいます、腎=陰=水)

赤ちゃんはこれとは正反対で、みずみずしく潤っていますね。

みずみずしく潤っているのが、水が正常に保持されている状態です。

また、水がうまく巡らずに停滞した状態を「痰湿」(たんしつ)と呼びます。

(水毒、湿邪などの呼び方もあります)

痰湿になると、次のような症状が現れます。

痰湿の症状

からだが浮腫む

だるい

じくじくとした湿疹

水太り

吐き気や胃腸機能の低下

痰が多い

などなど、、

これらは体の中で水分が正常に代謝れず、滞ったときに起きる症状なんです。

身体の「水はけ」はとても重要。

細胞内に必要な水分が満たされていると同時に、

不要な水分は尿や汗として排泄される必要があります。

この機能が弱まると、いろいろと不都合が生じるんですね。

参考文献

「やさしい中医学入門」関口 善太 著 (東洋学術出版社)