生きることは息すること ~深呼吸のススメ~

kougenn

息、してますか?

してない人は、、いませんよね。

でも、呼吸が浅い人は多いんです。

今日は、治療院で指導している簡単な呼吸法をご紹介します。

たった今、猫背で、浅い呼吸をしてませんか?

スマホやパソコン見る時って、呼吸が浅くなりがち。

元気のない人のほとんどは、普段から呼吸が浅いんですよ。

呼吸はとっても大切です。

どうしてかっていうと、酸素を取り入れる働きだから。

身体は酸素がないと、効率的にエネルギーを作れません。

だから呼吸が浅いと、元気が出ない上に疲れやすくなります。

 

まずは吐く

呼吸は『吐くこと』と『吸うこと』です。

当たり前ですね。

普段は無意識にやっています。

でも呼吸は、意識的にすることもできますよね。

じつは呼吸を訓練することで、身体を鍛え、整えることができます。

深い呼吸をするには、ちょっとしたコツがあります。

吐くことを先にすると、ラクに吸うことができます。

吐くときは口から、細く、長く。

吸うときは鼻から、めいいっぱい吸い込みます。

 

肺をめいいっぱい使う

では、ちょっとやってみましょう。

まずは口をすぼめて、ふーーっと、

吐く息の圧力を感じながら、

できるだけ細く、長く吐いてください。

吐ききったら、、

ゆっくり、鼻から吸います。

吸うときのコツは、鼻から、

肺の能力いっぱいまで吸い込むこと。

これは、普段怠けている『呼吸筋』のストレッチにもなります。

 

呼吸をつかさどる呼吸筋

知らない人もいるかもしれません。

呼吸という働きは『呼吸筋』という筋肉の運動です。

肺には筋肉がなくて、肋骨についている『肋間筋』と、

肺の下にある『横隔膜』という膜状の筋肉の収縮が、呼吸運動を生みだしています。

肋骨で囲まれた部分を『胸郭』(きょうかく)と呼び、肺はその中に入っています。

呼吸筋群が胸郭を広げると肺が拡張されて、空気が流入してきます。

逆に、呼吸筋群が胸郭をすぼめると、肺から空気が押し出されるんです。

この運動が、呼吸、、筋肉が働いています。

これらの筋肉を鍛えると、日常的に深い呼吸ができるようになります。

 

細く長く吐く、めいいっぱい吸う

では、もう一度やってみます。

吐く息は、口から。

口をすぼめて(または舌を上あごに当て『シー』の音を出しながら)、

できるだけ細く、長く吐いてください。

吸う息は、鼻から、

胸を広げて、めいいっぱい吸いこんでください。

めいいっぱい吸いこんだら、お腹に力を入れて、、

ちょっと息を止めます。

息を、お腹にぐっと溜めるような感じです。

止めている間、肺の中でガス交換が行われているのを感じてください。

そしてまた、口からゆっくり吐いていきます。

決して無理はせず、苦しくない程度に加減して下さい。

このように呼吸筋をめいいっぱい使うことで、

酸素が入ってくると同時に、呼吸筋を鍛えることができます。

 

10・5・5呼吸法

口から細く吐いて、吐ききったら、鼻からゆっくりい込む。

めいいっぱい吸い込んだら、ちょっと息を止めて、口からゆっくり吐く。

時間的には、

10秒で吐いて、5秒で吸って、5秒止める。

これを3~5分間続けてみてください。

10・5・5呼吸法です。

これだけで血液に酸素がたっぷり取り込まれ、身体が活性化してきます。

 

苦しくなったら、間に普通の呼吸を入れてOKです。

秒数や時間も、適当に加減していいです。

無理せず、気楽にやってください。

毎日やってると、だんだん長くできるようになって来ます。

1日に1回か2回、毎日続けることで呼吸筋が鍛えられます。

呼吸筋が鍛えられ、深い呼吸ができるようになると、

無意識にする呼吸も自然と深くなってきます。

深い呼吸が身に付くことで、

基礎代謝が上がる、体温の上昇、活力が出る、精神の安定、胃腸が強くなるなど、

いろいろな効果が期待できるでしょう。

 

関連記事

リラックスしたいとき、なかなか寝付けないときに効果的な呼吸法を紹介しています。

眠りの呼吸法 寝付けない夜にスッと眠りに落ちるコツ