炭酸水で虫歯になるか?

tansannsui

断糖肉食と炭酸水

断糖肉食的な食生活を始めてから、なぜか炭酸水が好きになりました。

それまでもたまに飲んでたのですが、特に夏場は毎日買って飲むようになった。

始めは僕だけでしたが、いつのまにか妻も同じ状態に。

糖質制限や断糖肉食実践者で、炭酸水とコーヒーが好きになった人が多いようなので、何か理由がありそうですね。

一つは、何らかの理由で水分を多く必要とするんじゃないか。

炭酸水、、シュワッっとするせいか、水やお茶よりもごくごくとたくさんの量を飲めてしまいます。

ま、水に炭酸が溶けているだけですし、特に害はないだろうと飲みたいときは飲んでいました。

炭酸水のpH

ところで、炭酸水で虫歯になるという情報を時々目にします。

炭酸は「酸」なので、歯が溶けると言うことなのでしょう。

でも、これって本当?

今日ふと気になって調べてみました。

まず、炭酸水が酸性だといっても、どの程度の酸なのでしょう?

ググってみると、市販品の実測値を表にしている記事が出てきました。

炭酸水のpHと虫歯について

これによると市販の炭酸水のpHはだいたい5.0前後になっています。

pH5.0、、弱酸性といったところですね。

ほかの食品のpHは?

一般的には、pH5.5より酸性だと虫歯の原因になると言われています。

歯の表面を覆っているエナメル質という硬い層がありますが、エナメル質の成分であるリン酸カルシウムはpH5.5で溶け始める。

それでpH5.5より酸性の食品は虫歯の原因になる、、酸と虫歯の関係を調べるとそのような情報が出てきます。

例えば、胃酸はpH2~3です。

このレベルだと歯が溶けることは間違いなさそう。

知り合いの歯医者さんからも、つわりのひどい人は妊娠中に歯が溶けてしまうと聞きました。

だとすると、、梅干しやレモン(pH2)でも虫歯になる??

お酢のpHは3、、これも危ないですね。

酸っぱいものを食べると唾がたくさん出ますが、これは酸を中和する目的なのかもしれません。

お酢や梅干しで虫歯になったという話は聞いたことないですが、口に含んだまま眠ったりしたら危ないのかも。

このような食品のpHに関して、わかりやすくまとまっているサイトがありました。

主な食品・飲料のpH値の一覧

これによると、肉、トマト、コーヒーなどはpH5、、歯が溶けるとされている5.5よりもやや酸性になっています。

炭酸水は、ほぼこのレベルの酸度ですね。

レモンやリンゴなど酸味のある果物はもっと高い、、pH2~3。

赤ワイン、白ワインも酸性が強くて、胃酸に近いレベルです。

特にワインはちびちび飲むことが多いので、要注意かも。

炭酸水も確かに酸性ですが、これらの馴染みある食品と比べると大した酸度ではなさそう。

特に虫歯の原因になるとは言えないと思いました。

虫歯の原因と言えば、口の中で酸を作る砂糖や炭水化物が知られていますが、理論上は他の食品でも虫歯になり得えます。

ただ、唾液はアルカリ性(pH6.8~8)なので、唾液が正常に分泌されていれば酸が中和されますし、唾液には溶けたエナメル質を「再石灰化」して修復する作用があるので、健康な人の歯がこのような酸でどんどん虫歯になる、、ということにはならないでしょうね。

炭酸がきつい銘柄は酸度が強い

表によると、市販の炭酸水のうちセブンとウィルキンソンは酸が強めでした。

炭酸水のpHと虫歯について

飲んだ感じも、炭酸がキツいと感じます。

実感としてきつい炭酸は、酸度も強いのでしょう。

酸が歯に与える影響を気にするなら、少し注意が必要かもしれません。

他の銘柄はほぼpH5前後、、肉やコーヒーと同程度です。

炭酸が「酸」だからと、あえて心配するレベルじゃなさそうだと思いました。

もし、炭酸水で歯が溶けて虫歯になることがあるとしたら、

●四六時中炭酸水を飲んでいる

●唾液の分泌量が極端に少ない

●いつも口が開いて、乾いている

●唾液の再石灰化能力が低い

こんな理由があるはず。

例えば、夜寝ている間にくちが開いて(口呼吸)、乾いてしまう人がけっこういます。

そういう人が寝る前や夜中に起きて炭酸水を飲んだら、、歯が溶けるリスクが少しはあるかも。

まぁ、そうだとしても、、飲んだ後に普通の水で口をゆすげば解決すると思いますけどね。