砂糖なし育児サポートブック

IMG_0000a

妻です。

ようやく絵本が完成しました。

作っていく段階で、子どもたちへの読み聞かせの絵本というより、

「砂糖なし育児を考えるお父さん・お母さんのためのサポートブック」

とした方が適切な気がして、今回はそのような形にしました。

子どもが小さいうちは砂糖をあげずにいることは簡単です。

けれど大きくなってきたら…。

私たちに出来ることは、話をすることしかないのだと思います。

何度でも、何度でも、大切な子どもたちに伝わるまで。

この絵本はそんな場面を想定したお話です。

 

販売サイトへのリンクは記事の最後にあります。

それでは絵本のはじまりはじまり。

 

 

ただいま!ただいま!お母さんあのね!
お菓子をたくさんもらったよ!

IMG_0000a

 

おかえりたっちゃん。よかったね。けれどもそれは食べちゃいけないよ。

IMG_0001

 

あれれれどうしてお母さん。
とっても甘くて美味しいんだって、隣のおばあちゃんが言ってたよ?

IMG_0002

 

そうだねそうだね、お母さんも知っているよ。
けれどもお菓子はね、とっても怖ーい食べ物なの。

IMG_0003a

 

たっちゃんは今、虫歯がないよね?
でもね、お菓子を食べていると痛くてつらーい虫歯になっちゃう。
虫歯さんはお菓子が大好きなんだよ。

IMG_0004a

 

まだ赤ちゃんだったころ、よく身体がかゆくなったよね。
かゆくなることは誰にでもあるけれど、
お菓子を食べているとかゆみが強くなったり、治らなくなってしまうの。

IMG_0005

 

たっちゃんは今、毎日元気に走ったり遊んだりできるよね。
でもお菓子を食べていると、すぐに身体がだるくなったり、しんどくなったりするんだよ。

IMG_0006

 

もっともっと大きくなって、叶えたい夢や、やりたいことが見つかったとき、
勉強に集中できなかったり、すぐに眠たくなってしまうかも。

IMG_0007

 

しかもお菓子にはイライラさせちゃうチカラがあるから、
お友達とケンカしたとき、
仲直りが言い出せなかったり、イライラが治まらなかったりしてしまうの。

IMG_0008

 

そしてね、うまくいかないことがあったとき、
ボクはもうダメだ、何やってもダメだ、って思えてきたりする。
お菓子を食べていると余計に、そうゆうことがあるんだよ。

IMG_0009

 

でもさ、食べすぎなければいいんでしょ?
ちょっとだけならいいんでしょ?

IMG_0010

 

それがねえ…お菓子って、はじめはちょっとで満足しても、
段々満足できなくなって、もっともっと食べたくなってしまうの。

IMG_0011

 

食べても食べても、しばらくするとまた食べたくなっちゃう。
ごはんよりもお菓子の方がおいしい!って思うようになるかも。
でもお菓子には、たっちゃんが大きくなるための栄養がちっとも入ってないの。

IMG_0012

 

それよりもっと怖いのは、一度くせになると我慢が出来なくなっちゃうこと。
お菓子が食べたくて、イライライライラ。
頭の中がお菓子のことでいっぱいになってしまうんだよ。

IMG_0013

 

実はむかしお父さんもお母さんも、毎日毎日お菓子を食べていてね。
やめるのに、ほんとうに苦労をしたの。
お菓子を食べていたころは、身体がかゆくて、だるくて、しんどくて、
ちょっとしたことでイライラして、あまり元気じゃなかった。
だけどそれがお菓子のせいだって、その時は知らなかったの。

IMG_0014

 

それでね、たっちゃんが生まれるとわかったとき、
この子にはお菓子をあげずに育てよう、って決めたの。
ずっと元気に、明るく生きていけるように。
お菓子がとても怖いものだって、ちゃんと教えてあげようって。

IMG_0015

 

たっちゃんがもっと大きくなったら、
お友達の家や学校で、今日みたいにお菓子をもらうかもしれない。
僕もみんなとおなじことをしたい!って思うかもしれないね。
そんな時は食べてもいいの。思うように、していいの。

IMG_0016

 

けれどお母さんと一緒にいる今のうちは、お菓子を食べてはいけないよ。
それは、たっちゃんがこれからも元気でいられるように、
お父さんとお母さんからの、どうしてものお願いなの。

IMG_0017

 

ちょっと難しかったかな? この話は今日はおしまい。
晩ごはんにたっちゃんの大好きな唐揚げたくさん作ろうか。
お腹いっぱい、みんなで食べよう。

IMG_0018

 

 

実際の絵本には巻末に「お父さんのちょっと詳しい解説」と称して、

我が家が砂糖を使わない理由を載せています。

こちらの記事の内容を少し短くまとめたものです。

それと初版分のおまけとして「曼荼羅ポスター」がついてきます。

IMG_0003a

 

ちょっとイラストが可哀そうすぎるのですが…

そしてポスターなんてもらってどうするの???って感じですが、でもついてきます。

冷蔵庫に貼る…とか?笑

あ、ラミネート加工したら、むしろ絵本より子どもへの説明に使えるかも。

 

そんなサポートブックの販売サイトはこちら。

ネット販売は初めてなので、何か不備などありましたら

販売サイトのコンタクトページまたは主人のFacebookウォールへご連絡をお願いします。

春ですね。新しいことを始めるのにはいい季節です。

砂糖なし育児、始めませんか?