突発性難聴と鍼灸~2週間過ぎたら治らないと言うけれど~

toppatu2

突発性難聴の治療実績

突発性難聴は高確率で完治しています。

一般に突発性の難聴は治りにくいと言われていますが、今のところ初発から2か月以内ならほとんど治ってる。

完治までの施術回数は3回~6回くらい、長くても10回程度です。

先ほど来院した女性も、本日5回目でほぼ症状が無くなっていました。

その方、発症当初は不安で眠れなくなっていましたが、それもすぐに解消。

言い方がおかしいかもしれませんが、元気に通院されています。

突発性難聴の治療内容は、首周辺の滞りを解消し腎や肝を補うのが基本。(もちろんその人によって違う)

この症状は、ストレスや過度の疲れから発症することが多いようです。

大まかに言うと、ストレスで肝臓が、過労で腎臓が疲弊します。

首肩や耳周辺が過度に緊張し、血液やリンパ液の流れが悪くなっている。

ウイルス原因説もありますが、このような状態では免疫力も低下してしまいます。

その結果耳に症状が出ているときは耳だけをいじってもダメで、内臓の疲れを回復させて全身的な免疫力を高める必要があります。

一生治らない!?

現代医学では突発性難聴について、

『発症2週間以内に治療して治らなかった場合、その後は一生治らない』

などと言われているようですが・・どうなんでしょう??

実際に『一生治らない』と宣告され、意気消沈した状態で来院する患者さんが多いんです。

鍼灸ってどういうワケか、そういうときの最後の手段として選ばれることがある。

じつは発症直後に来院する方は1/3くらい、多くの人は始めは病院で治療し、1か月~数か月経っても治らなくて来院します。

病院に行ってからくるので、既に1~2か月経っている。

入院して一般的な治療を受けても治らなかった人が、僕のシンプルな治療でちゃんと治る。

この経験からすると、一生治らないは言い過ぎだと思います。

長期化すると治りにくいことは間違いないでしょうけど。

嬉しい瞬間

最近空き時間はずっとカルテの整理をしてたんですが、数えてみたらこの5年間で突発性難聴の患者さんが12人完治していました。

今日いらした患者さんで13人目になりそう。

もちろん来た人全員治ってるわけじゃないですが、経験的には治りやすい症状だと感じている。

突発性難聴は耳鳴りやめまい、耳の詰まった感じなど不快な症状を伴うことが多く、精神的にもかなりダメージを受けます。

短期間に症状が取れて晴れ晴れとした表情で帰っていく患者さんを見送るときは、はやり嬉しいですね。

今日も『鍼灸ってなかなか使えるな』と、改めて実感しました。

突発性難聴には鍼灸が有効。

頭の片隅に覚えておくと、いざという時には役立つと思います。

ただし、発症から何年も経っている人はやはり難しいです。

難聴が耳鳴りが慢性化している場合は、普通、数回の施術で治ることはありません。

そのような場合、当院では栄養的なアプローチを併用しながら中期~長期戦略でじっくり治療しています。

緊張型の頭痛は鍼灸と食事で完治できる

2017.06.10