緊張型の頭痛は鍼灸と食事で完治できる

zutuunaoru

緊張型の頭痛

頭痛にはいくつかタイプがありますが、首肩の過度な緊張を伴う「緊張型の頭痛」は治しやすい。

でも、一般的には治す方法が見つからずに困っている人が多いようなので、宣伝もかねて少し書いてみます。

鍼灸院をやっている実感として、首肩の強いこりに誘発される緊張型頭痛はとても治りやすい症状の一つだと感じています。

だって、、緩めれば治るから。

なにか難しい問題を抱えてないかぎり、ほぼ100%大幅に改善、または完治しています。

症状の酷い人でも、長引いている人でも、あまり関係ないようです。

食の改善

ただし「完治」するには、常に頭部が緊張してしまうような生理状態を治さなければいけません。

それには筋肉の異常緊や姿勢の癖を取っていくと同時に「食の改善」が必須。

たとえば砂糖を常用しているとホルモンの乱れから頭部の緊張が緩まないことが多いですし、鉄・タンパク不足の女性に頭痛が多いのは間違いないでしょう。

夜間低血糖による食いしばりや歯ぎしりも関係しているようです。

ですから食の改善が出来ない人は、治療で痛みが消えてもはやり再発することがやはり多い。

疲れがたまり、また痛くなったら来る・・という患者さんもけっこういます。

それはそれでよいと思っていて、鍼灸院との付き合い方の一つです。

でも、どうせなら完治させた方が、生活の質は高まると思うんですけどね。

当院での治療

当院の場合、緊張型の頭痛には、始めの数回は週一程度の頻度で治療を行い、ほぼ症状が取れたら頻度を減らし、しばらく良い状態を保ちながら体質の改善をしていきます。

今のところ、それで、ほとんどカタが付いている。

もちろん体質の改善と筋肉に染みついた「緊張癖」を取り去る必要があるので、良い状態で安定するまでには多少の時間がかかります。

でも、緊張型頭痛が主訴で継続して1年も通った人はいません。

たいてい1~2ヵ月で生活に支障ないレベルになっています。

ストレスに強い状態を作る

頭痛を生じる過度な筋緊張は、日常のストレスが原因していることも多いです。

でも、仕事のストレスなどはなかなかなくせないので、基本は食の改善と、できれば軽い運動程度の生活改善を勧めています。

ストレスを消すより「ストレスに強い状態」を作るという発想です。

その時、固定化した「状態」を短期間で変えるために鍼灸が、本質的に
体質を変えるためには食の改善が役立っています。

食の改善を併用することで、通院をやめても長期的に再発を防ぐことが出来ます。

首の異常と鍼灸

緊張型の頭痛は鍼灸に限らず、首や頭部の緊張を緩める方法で治るはずです。

でも、マッサージや整体などあちこち放浪して効果なく、痛み止めを常用しているような人が頻繁に来院しています。

そういう人も短期間で改善しているので、鍼灸は特に治療法として向いているのかもしれません。(他の治療法については詳しく分かりませんが)

鍼灸、特に鍼は、首の慢性緊張を解消する効果的な治療法だと実感しています。

首に強い緊張があると、痛みだけではなく何とも言えない不快感、めまいやのぼせなどの自律神経症状、イライラや不安などの精神症状など、かなり不快な自覚症状が出ることがあります。

このような症状も、ただ緊張しているだけなら簡単に治せる。

細い鍼を使って筋肉の緊張を緩めるだけですから、専門家がやればさほど危険もありません。

首に鍼を打つと言えば怖く感じる人も多いと思いますが、首、特に後頭部は筋肉が深いのですし、中枢神経は丈夫な結合組織で守られています。

よほど無茶をしなければ神経を損傷するリスクも少ないんです。

頸椎の事故が多いカイロや整体などより、むしろ安全な治療法でしょう。(ただし、あまりハードな治療をする人は避けた方がいいかも)

首のシコリは現代病

後頭部にある後頭下筋群や、首の側面にある斜角筋などの筋肉に異常な緊張を持っている人はとても多く、このような緊張が慢性化すると硬い「シコリ」のようになってしまいます。

こうなるとその筋肉は、寝ても覚めても緩まない、ストレッチしてもマッサージしても温めても緩まないような状態になります。

首や肩にそういったシコリがあると、頭部や肩~背中にかけての動きと血液循環を大きく障害し、血液が来なくなった細胞が悲鳴をあげるため、痛みが発生しやすくなります。

原因として、現代人が日常的に使うスマホやPC、それによる目の酷使、また砂糖の常用によるホルモン異常、慢性的な栄養不足などが大きく関係していることは間違いないでしょう。

現実問題として使わないわけにもいかないことが多いので、あまり酷くならないよう上手くケアしたいものです。

ちなみに緊張型とは少し異なる片頭痛や神経性の頭痛なども、身体の偏りを治療しながら食事の改善など行うことで多くの場合は治すことが出来ます。

本来、健康な状態では頭痛など出ませんから、いかに身体を正常化していくか、、ということでほとんど対処できるわけです。