肩こりは骨の歪みから?

seitai

話の上手い整体師

肩こりが悩みの若い女性から聞いた話。

人に勧められてある整体院に行ったところ「首の骨が歪んでいる。1年通えば治る。」と言われた。

女性は「肩こりの原因はそれか!」と思い、真面目に1年間通いました。

そして1年後に整体師から言われた言葉がこれ。

『骨のゆがみは治ったので、筋肉のコリは鍼灸院にでも行って治してください!』

僕は、話の上手さに感心してしまった。

でもひどいよね。ちっとも治ってなんかないんだ。

骨や骨盤はそうそう歪まない

整体などで「背骨が歪んでいる」と言われることがありますが、脊柱管狭窄症、すべり症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症による圧迫骨折、骨軟化症(クル病)などでなければ、背骨そのものはそう歪むものではありません。

骨盤のゆがみも同じ。

多くの場合、筋肉や靭帯の異常な収縮によって見掛け上歪んでいるだけ。

だから緩めれば治ります。

筋肉や筋膜、靭帯など背骨を支える組織のこわばりを弛めることで、見かけ上の骨の歪みが整ったのだとしたら、当然肩などのコリも解消しているはずなんです。

骨格は筋肉や靭帯によって支えられていますから、筋力低下や極端な偏り疲労などの異常があると背骨の並び方、骨盤の動きや角度にも影響が出ます。

足の長さが違う!なんていうのもこれ。

どこか付け根の方で引っ張られてるだけのことが多いんです。

整形外科で言われるストレートネックなどもその類で、骨そのものの異常だと勘違いしてしまう人が多いのですが、柔軟性と強さを回復すれば自然な形に戻ってきます。

実際に側弯(背骨がどちらかに湾曲している症状)の人も、背筋や背骨に付いている筋肉の極端な癖をゆるめて修正していくと真っすぐになってくることがあります。

驚かれますが、骨を支えているのは筋肉なんだから不思議はないんです。

肩こりを根本的に治すには

ちなみに肩こりの症状を一時的に解消するには、筋肉や筋膜の緊張を上手くほぐせばいいのです。

弛めば楽になりますから、難しいことはありません。

でも、慢性的な肩こりを根本的に治すには、コリそのものを弛めてもだめ。

肩周辺の過剰な緊張や、循環障害が起こってしまう原因を探り、それを治す必要があります。

それは日頃の姿勢のこともあれば自律神経障害のこともあれば、貧血や低血糖症や副腎疲労のこともあります。

姿勢が悪いのも心がけというより、栄養状態や生活習慣、そこからくる体質に問題があることが多い。

ですから、性的な肩こりを根本的に治そうと思ったら、その方の状態に応じた体質改善が必要となってくる。

多くの場合『ここの歪みを治せば・・』という単純なものではないということは、治療を受ける前に知っておいた方がいいと思います。