貯筋~若いころに鍛えた筋肉は失われにくい~

chokin

貯筋

埼玉でホームホスピスを運営している義母は、長年非常なハードワークを続けています。

決して大柄な人ではありませんが、鍼灸治療で背中を診ると背筋がとてもしっかりしている。

義母の治療をするたび、強い背筋が激務を支えているのだと感じます。

能登の海辺で育ち、魚介類をしっかり食べていたせいかもしれません。

若い頃はかなり運動もしていたようです。

今現在は運動もせず食生活が貧弱でも、その割にしっかりした筋肉を保っている人がいます。

話を聞くと、若い頃かなり運動で鍛えていたという人が多いです。

もちろん栄養面も充実していたのでしょう。

僕はそれを「貯筋」と呼んでいますが、どうやら若い頃に作った貯筋ほど失われにくいようなんです。

もちろん筋肉は使えば発達しますから、大人になってからでも貯筋を作れます。

ところが大人になってから作った貯筋は、残念なことに、使わないとすぐになくなってしまう。

理由は知りませんが、どうもそういう傾向が強いと感じています。