食事法について思うこと

panda

糖質制限食

半年前から、食事と健康をテーマにしてブログを書いてきました。

僕は一応、糖質制限食の考え方を支持しています。

言い方や相手は慎重に選んでいますが、鍼灸院の患者さんにもすすめています。

糖質の過剰摂取とそれに伴う栄養不足が健康上の問題を引き起こす。

だから糖質を控え、栄養豊富な動物性の食品を十分に食べる。

細部に関してはいろいろな意見がありますが、大筋でそういうこと。

正直言って、、ネタとして書きはじめたのですが、

批判されたり、分かりやすいと褒めてもらったり、

僕の記事がきっかけで体調がよくなったと感謝のメッセージを頂いたり、

ブログを書くことでいろいろな反響がありました。

でも、書いている本人は特別こだわりはなくて、

食べたいもの食べたらいいんじゃないの??

そう思っています。

ただし、それなりの結果が出るとは思いますが。

鍼灸師であること、治療家としての社会的な立ち位置を意識してるとき、

やはり、健康上の問題を生みそうな生活習慣については「良くない」って言います。

でも、特に困ってないなら、ほどほどでいいと思うんですよね。

個人差も大きいですし、自分に合わせて取り入れる、、

このような態度が必要だと思う。

そうじゃないと、情報に振り回されてしまうから。

糖質など一切摂るな!?

ストイックな糖質制限を実践する人の中には、

普通に糖質を食べる人を見下すような発言をする人もいます。

人類はもともと肉食だから、

野菜もいらない、肉だけ食べてればいい、、というのでしょう。

糖質は依存性や毒性があって、たくさん食べ続けると、

例えば低血糖症や糖尿病になってしまうことがあります。

他のいろんな慢性病の原因にも、直接間接になっているようです。

だから、糖質など一切摂るな!!

という意見にも一理あると思う。

糖尿病の人や低血糖症の人、

深刻な健康問題を抱えているヒトは、

その原因である糖質を目の敵にするくらいになって、

しっかり断糖するといいかもしれません。

野菜も、世間一般に言われているほど万能ではなく、

食べるのをやめたら体調がよくなるケースもけっこうあるようです。

甘いものや淡水化物を食べだすと止まらないような人は、

間違いなく依存症ですから、

コントロールが効く程度になるまで意識して控えた方が良いでしょう。

今病気じゃなくても、それは予防的な意味で。

でも、特に困っていないなら、、ほどほどでいいと思うんですよね。

ほどほどでいい

僕自身かなり極端な栄養不足、糖質過剰の食生活を続けていた過去があり、

そのダメージはまだ残っていると感じています。

でも正直なところ、ストイックに断糖肉食続けていたら完璧に改善するなんて思ってません。

他人の見本になろうとも思わないし。

生まれ持ったものもあるから、ほどほどでいいんです。

今でも多少の不調はありますが、大して困っていませんし。

先日、甘酒やコーラを飲んで血糖値を測る実験をしましたが、それで体調を崩しました。

これは、僕の内臓の力「耐糖能」がまだまだ十分じゃないということだと思いました。

妻のイラスト日記を読んでくれている人はお気づきだと思いますが、

厳しく見れば、妻もまだまだ糖質依存です。

もう、砂糖や甘味料は欲しくならないようですが、

糖質に対する欲求が強くなることが、しょっちゅうある。

妻の場合は、貧血傾向が関係しているかもしれません。

でも、、僕はそれでいいと思っています。

人は、すぐには変われないし、ゆっくりやればいいでしょう。

正しい食事法なんてない

必要がなければ、無理に変わることもないでしょう。

例えば糖質制限の考え方に沿って「完璧」になる必要なんてない。

人は何食ったって、、どうせ死にますから。

提唱しているお医者さんの考え通りの人間になろうとするのは、バカみたいだと思います。

食事法に振り回されている人を、時々見かけます。

いや、僕もそういう一人かもしれませんね。

でも大切なのは「何を食べるか」じゃない。

どう生きるか、

どう暮らすか、

そういうことと繋がってこその食事であり、健康だと思う。

これは、養鶏したり家庭菜園をしたりしながら考えていることです。

また、子どもを育てながら考えていることでもあります。

厳密に正しい食事法なんてない。

それぞれの生活の中で、最適な状態を作って行けばいい。

そう思います。

はじめは、特定の型通りやってみるのも悪くないと思います。

でも、、 それは初めの、慣れないうちだけ。

特定の型が示す意味を理解できたら、そこから離れることも大切なんじゃないかな。

それが、主体性というものだから。