鶏づくし 150羽のにわとりに会ってきた

鶏づくし

にわとりの展示会に行ってきました。

あ、、にわとりと言っても剥製です。

約60種類150羽のにわとりの剥製を展示している、とても珍しい展示会をやってるんですよ。

いや~、世界にはいろんな鶏がいるんですね。

僕、興奮してしまいました。

1

会場には、それぞれの鶏について簡潔に説明したDVDが流れています。

非常に勉強になります。

まず目についたのがこいつ。

オーピントンという鶏、、でかいです。

3

会場の中で、一番でっかい鶏でした。

犬で言えばセントバーナードとか、そんな感じでしょうか。

僕はどうも、でっかい鶏に魅力を感じます。

でっかい系の鶏は他にも、

コーチン、ランシャン、ジャージージャイアント、ブラハ、、いろんなのがいます。

これはコーチン、中国の肉鶏です。

4

こちらはブラハ、インド原産の鶏です。

日本の鶏もたくさんいました。

その中でも平安時代から飼われている『小国』という鶏が気になりました。

小国は平安時代の宮中で飼われていた記述が残っているそうです。

小国は小告、正刻、などとも書かれて『夜明けを知らせる』『時を告げるもの』として特別な存在だったんですね。

他に日本の鶏では、これ、初めてみたんですけど、とても奇麗だと思いました。

土佐九斤、土佐の地鶏ですかね。


それからシャモ。軍鶏っていう字を当てます。

闘鶏用の鶏、、こわいです。

僕が小さい頃、父が趣味で小型の軍鶏を飼っていました。

気性が荒くていっつも夫婦で喧嘩たのを思い出します。

軍鶏もいろんな種類がいるようで、たくさん写真撮っちゃいました。

金八(きんぱ)という軍鶏

 

外国の鶏は、変なのがいっぱいいます。

これはドンタオ

足が恐竜みたいです。

もう数百羽しか残っていないんだとか。

全身真っ黒のインドネシアの鶏もいました。

アヤム・チェマニ

この鶏は、身体にいいものとして、病気の時に食べるんだそうです。

 

ポーリッシュ

ポーランド原産で、へんてこな頭しています。

 

インド源産の『ブラハ』はアメリカに渡り、肉用として注目されたそうです。

今は成長の早いブロイラーが開発されて、ペットとして飼われているんだとか。

気性がおとなしいから飼いやすいんですって。

こんなのいたらかわいいですよね。

 

こいつは鶏の原種、セキショクヤケイです。

インドネシアの森の中に生息する、野生の鶏ですね。

現在家畜として飼育されているにわとりをDNA解析すると、

セキショクヤケイが基になっているということがわかるそうです。

にわとりのご先祖様ですね。

 

僕はでっかい鶏に興奮していましたが、妻はチャボを気にいっていました。

チャボは、江戸時代の日本で作出された、愛玩用の小型の鶏ですね。

種類もいろいろあるようで、毛の色が違ったり、巻き毛になったり、いろんなのがいます。

逆毛チャボ

桂チャボ

江戸時代の農村では、庭先で鶏を飼っているのが一般的だったようです。

ただ食料として飼うだけじゃなく、観賞や愛玩動物として、

あるいは闘鶏などの娯楽として、にわとり文化が深く根付いていたのですね。

品種の作出って、昔の人は遺伝とか分かっていたのかもしれません。

 

いや~

楽しかったです。

ニワトリ展『鶏づくし』は、

湯島の文京区教育センターで、今月の17日まで開催されています。

にわとりの好きな人はぜひ行ってみてください。