腸内細菌は腸のどこにいる?

tonbo

からだはちくわ

腸内細菌が重要だと言われています。

人間の腸の中には、腸内細菌がたくさん住んでるんですよね。

じつは皮膚にも、皮膚の常在菌が住んでいます。

解剖学的には腸粘膜も皮膚も『上皮』とよばれ、

身体の表面であり、外界と接する境界なんです。

そこには目に見えないけれど、たくさんの微生物が住んでいます。

以前こちらの記事『消化の仕組み①~消化管~』で、

身体の構造は基本的に『ちくわ』だと説明しました。

ミミズもトンボも魚も猫もライオンも、もちろん人間も、

口があって消化管があって肛門がある、同じような構造を持った仲間。

そしてその表面には、多様な「微生物の衣」をまとっています。

 

腸内細菌はどこにいる?

さて、今日は「腸内細菌はどこにいるか?」というお話です。

もちろん腸の中に住んでいるんですが、、

腸といっても、結構長いんですよ。

大人だとだいたい、8m~9mくらいあります。

しかも解剖学的には細かく分類され、それぞれの部分に名前が付いてます。

そして働きも違います。

基本的には、一本の「管」なんですけどね。

食べたものはまず、胃に入ります。

そして胃を通過すると小腸(十二指腸、空腸、回腸に分けられる)へ、

小腸を通過すると大腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下結腸、S状結腸、直腸に分けられる)へ送られます。

IMG_0002※1

人間の腸は、こんな構造になってるんですね。

 

「胃酸」その殺菌作用

さて、口の中には微生物がたくさんいます。

砂糖で虫歯になるのは、微生物が砂糖を分解して酸を作るから。

微生物が作った酸で、歯が溶けてしまうわけです。

他に、口臭の原因になったりもします。

そのほか、私達が食べるものにも微生物がたくさん付いています。

さらに吸い込む空気やホコリなんかにも、

目には見えないけれど、たくさん微生物がいるはず。

でも、それらを飲み込んでしまっても、ほとんどが胃酸で死んでしまうようです。

胃酸は、食べ物を分解する消化液ですが、

外界から侵入した微生物を「殺菌する」役割もあります。

だから、胃の中は比較的細菌が少ないんです。

 

消化管の細菌分布

この図は、消化管内各部位における腸内細菌分布を示しています。

IMG_0001※2

これを見ると、腸内細菌は十二指腸で一番少なくなっています。

十二指腸は小腸の一部、胃から食べ物が送られてくる最初の場所で、

糖質、脂質、タンパク質など全ての栄養素の消化吸収をつかさどっています。

腸の中でも小腸は、栄養の消化吸収に最も重要な場所ですから、

ここでは細菌が少ない方がいいようです。

そして、小腸を過ぎて、盲腸~直腸までの「大腸」になると細菌だらけ。

このように腸内細菌が最も多くいる場所は、大腸なんですね。

また、このグラフが示す重要な点は、胃酸の分泌によって、

口腔内や食べ物に付いている細菌を殺菌しているということ。

十二指腸で細菌の数がぐっと減っているということが、

正常な消化吸収のためにとても重要なんです。

 

胃酸と腸内細菌

もし、胃酸の分泌が少なかったり濃度が薄かったりすると、

小腸内の細菌数が増大してしまいます。

このように腸内細菌と胃酸には強い関連性があるんですね。

一般的に、胃のトラブルは胃酸を抑えればいいと思われがちです。

 

 

でも、胃酸を抑えるような薬を常用すれば胃の殺菌力が低下し、

十二指腸や小腸の細菌数が増えてしまいます。

小腸で腸内細菌が異常増殖すると腸粘膜に炎症が起こり、

リーキーガットを引き起こす可能性もある。

リーキーガットは近年注目されている腸の異常で、

アレルギーやリウマチなど自己免疫疾患との関連性も疑われています。

リーキーガットの原因として砂糖などの影響が指摘されていますが、

おそらく、胃酸の分泌異常とも関係があると思います。

そもそも、胃酸は消化液です。

殺菌作用だけでなく、タンパク質を消化するために重要なんですよ。

胃酸が弱ければ、食べた物を十分に消化できません。

その結果、鉄不足やタンパク不足などの「栄養不足」になってしまう恐れがある。

胃酸を抑えるような薬の、自己判断での使用は慎重にした方が良さそう。

不必要に胃酸を抑えることは、生きるための基本である「消化力」を弱めてしまいます。

 

ちょっと脱線しちゃいましたが、、

腸内細菌は主に大腸にたくさん住んでいます。

そして、本来少ないはずの小腸で腸内細菌が増えてしまうことは望ましくないんです。

その原因として、胃酸が弱いことや胃酸を抑える薬の影響などが考えられます。

また、砂糖をたくさん食べることも腸内細菌を乱します。

カンジタなどの酵母が異常増殖し、慢性炎症を引き起こすと言われています。

 

※1 美田誠二著『得意になる解剖生理』より出典
※2 溝口徹著『9割の人が栄養不足で早死にする!』より出典

参考文献
『9割の人が栄養不足で早死にする!』 溝口徹 著