糖質制限ダイエットならリバウンドしない3つの理由

daiettoniku

リバウンドしないダイエット法

世間にはいろいろなダイエット法がありますね。

カロリー制限とか、運動するとか、野菜をたべるとか、リンゴをたべるとか、、

僕は基本的に、痩せたい人には肉食系の糖質制限をおすすめしています。

なぜなら健康的に痩せることができるし、リバウンドしにくいから。

しかも我慢せずにお腹いっぱい食べることができます。

現在、糖質制限が流行っている理由の一つは、

ダイエット法として優れているからだと思います。

肥満の人が食事を変えただけで短期間に減量し、

しかも、それまでより元気になって、

リバウンドしないでいる人たちが続出しているようです。

先日もフェイスブックにダイエット関連の記事をアップしたら、

「食事だけ、運動なしで30キロ減量した」というコメントをいただきました。

30キロ痩せたら、、気持ちいいでしょうね。

でもこういうの、糖質制限ダイエットでは珍しくないと思います。

糖質を控えながら糖質以外の栄養を積極的に満たす「肉食系の糖質制限」は、

肥満をその原因から解消してしまう「リバウンドしないダイエット法」です。

なぜそう言えるのか、その3つの理由を順を追って説明します。

 

1、糖質のみを制限する

糖質制限ダイエットでは通常、糖質のみを制限しています。

その他の栄養素、脂質やタンパク質は制限しません。

むしろ脂質タンパク質が豊富なお肉などの動物性食品を、

積極的に食べることが勧められています。

肥満の原因は、糖質の食べすぎ。

だから、肥満を解消するには糖質を控えればいい。

 

糖質をたべると血糖値が上がります。

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度です。

血糖値が上がるとインシュリンというホルモンが出て、

血中のブドウ糖を肝臓、筋肉、脂肪細胞に取り込むように促します。

肝臓と筋肉に取り込めるブドウ糖の量は限られていて、

その容量を越えて糖質をたべた場合、残りは脂肪に変換されて体脂肪になる。

体脂肪はこうして蓄積されていきます。

蓄積された体脂肪はエネルギー源として使われますが、

使われる量よりも食べる量が多ければ、どんどん蓄積されてしまう。

日常的に糖質をたべすぎていると体脂肪が増え続け、肥満になってしまうんですね。

 

2、栄養を満たす

ではなぜ、糖質を食べすぎてしまうのでしょう。

単に、好みの問題でしょうか?

もちろん「ごはん大好き」「甘いもの大好き」、、

このような人が食べすぎてしまうのですが、

必要もないのにどんどん食べてしまうのは、生きものとしてオカシイ。

本来食欲は、生きるための欲求です。

いくら美味しいとはいえ、病的な肥満になるほど食べたいなんて変だと思いませんか?

必要もないのにどんどん食べちゃう状態、、これは「過食」です。

じつは、過食が起こる背景に「栄養欠乏」があります。

必要な栄養が満たされないから、欲求が起きて、食べる。

でも、食べたものに栄養が含まれていなかったら、もっと食べたくなる。

この時に甘いものや炭水化物ばかりでお腹を満たしていると、

一時の満足感はありますが、本当に必要が栄養が満たされません。

その結果、もっと、もっと食べたくなってしまうんです。

欲求が出た時に、お肉など栄養豊富なものを優先して食べればいいのですが、

甘いものや炭水化物でお腹を満たし続けると、

血糖調整ホルモンの作用で肥満が進行してしまいます。

このような過食を止めるためには当然、

お肉など栄養豊富な食材をたっぷり食べて栄養欠乏を解消する必要がある。

動物性食品をシッカリ食べて糖質のみを制御する「肉食系の糖質制限」なら、

この問題を解決することができます。

だから、リバウンドしないダイエット法として有効なんですね。

 

3、心身ともに安定した状態になる

「過食」は栄養欲求によって起こるほか、過度なストレスによっても起こります。

ストレスが高まって甘いものをドカ食いする、、よくあるパターンですよね。

でも、糖質の食べ過ぎと栄養不足、、

この問題を解決すると、心身ともに健康になり安定してきます。

ストレスにも強くなるため、ストレスによる過食も起こりにくくなってくる。

これには、ホルモンが大きく関係しています。

日常的に糖質を食べすぎていると、ホルモンバランスが乱れてきます。

糖質を控え、栄養を満たしていくことで、ホルモンバランスの乱れが正常化してくるんです。

その結果、心身ともに安定して、ストレスや環境変化に強くなってきます。

また、砂糖や糖質全般には、依存性があると言われています。

つまり、必要もないのに際限なく欲しくなってしまう「麻薬」のような作用がある。

糖質制限をきっちりやって依存状態から抜けると、

からだが本当に必要とするもの「だけ」を食べたいと感じるようになってきます。

だから、食べたい時に食べればいいし、お腹いっぱい食べても大丈夫。

満足するまで食べても「過食」にならない、そんな状態になってくるんですね。

ポイントは、糖質を制限するだけではなく、

肉、魚、卵、チーズなど栄養豊富な食品をたっぷり食べながら行うこと。

基礎代謝が高まり、やつれることなく健康的に「痩せる」ことができます。

このように、肉食系の糖質制限ダイエットは、

健康的にスリムになる「リバウンドしないダイエット法」なんですよ。