甘味料を一切やめても困らない

kurisumasu2

わが家では、甘味料を使いません。

砂糖や異性化糖、はちみつ、麦芽糖、甜菜糖、

みりん、甘酒、スクラロース、ラカント、アスパルテームなどの人工甘味料、、

いろんな甘味料がありますが、一切使いません。

血糖値を上げない甘味料はOKとする考え方もありますが、

『強い甘味に対する欲求』そのものを、

断ち切った方がいいと考えています。

その方が、のちのち楽だから。

でもその辺は、自分で決めることでしょう。

自分にとって役立つなら、使ったらいいんです。

 

わが家で甘味料を使わなくなったのは、

代替甘味料が良くないとか、

強い甘みに対する欲求から抜けだそうとか、

そんなことを考えていたわけじゃなく、

たまたま。

砂糖をやめた、、だから、甘いものはない。

そういうシンプルなものでした。

でも、はじめは料理にみりんを使ったり、

ときどき甘酒飲んだり、

いろんなことしてごまかしてましたが、

だんだん『強い甘み』が無いことに慣れて行きました。

今は料理のみりんも含めて、甘味料は全く使いません。

必要性を感じないんです。

 

完全に砂糖を断って、それが当り前の日常になってきたころから、

素材が持つ甘みを強く感じるようになりました。

ある時、親戚づきあいでコース料理を食べました。

最後に出てきたデザートの砂糖菓子、

ちょっと味見してみたら、、

あまい・・・甘すぎる。

ちょっとなめて、もう無理だと思いました。

でも隣に座ったおばさんは、パクパク食べてます。

僕の勝手ですが、見ていて気持ち悪くなりました。

 

普段から砂糖や甘味料を断っていると、

甘味に対する感覚が鋭くなります。

食材は、何でも甘さがある。

牛乳なんて、かなり甘いドリンクだし、

白米なんてお菓子みたいに甘い。

野菜もお肉も卵も、もちろん果物も、とても甘い。

果物は糖度の低い、

より甘くないものを『美味しい』と感じるようになりました。

庭先で生った酸っぱいミカンとか、美味しいです。

ほとんどの食材には、自然な甘みがあります。

甘味料をやめたら、それをとても強く感じるようになりました。

僕はそれまで、感覚が麻痺していたのでしょうね。

 

妻はもともとケーキ作りが好きで、いろいろと作れるようです。

僕もパン屋さんだったから分かりますが、

ああいうものを作るのは、単純に、楽しい。

今後、何かのお祝いのときなど、

子供にケーキを作ってあげたいと思っています。

もちろん、甘味料なしで。

生クリームやサワークリームは、そのままでも十分甘い。

卵と薄力粉でスポンジ作れば、デコレーションケーキだって作れます。

果物を適当に乗っけたら、もう、立派なデザートですよね。

 

時々、子供のおやつをどうするのか、

お菓子は一切与えないのか?

というような質問を受けます。

わが家は育児1年生なので、やりながら考えますが、

たぶん、与えると思う。

でも、少なくとも家の中で甘味料を使わないと思います。

だって、、必要ないから。

それで困ることは、特になさそう。

困ることがあるとしたら、学校とかお友達の家とか、

人づきあいの部分でしょうね。

よそで普通のお菓子をもらって、

甘すぎて食べれない・・

っていう感じに育ってくれたら、、狙い通りなんですけど。